シャボン玉液の作り方

小学校1年生の娘が、生活科の授業で使うためのシャボン玉液を作りたい!!と言ってきたので、調べて作ってみました。家にある「科学のふしぎな話(ナツメ社)」に、作り方が載っていたのでそれを基本に作りました。作る過程も楽しかったし、何だか売ってあるシャボン玉液よりも壊れにくい感じがしました。何よりも、自分で作れたことに感動です!!

シャボン玉

基本の材料(10:5:1の比率で作ればOK)

  • ぬるま湯 100cc
  • 洗濯のり 50cc
  • 台所用洗剤 10cc

シャボン玉液(お湯で溶かしたゼラチン、ガムシロップなどを入れると丈夫な泡になる。また、ラム酒を入れると綺麗な虹色が出るらしい)

作り方メモ:

分量をいちいち計るのが面倒だったので、500mlペットボトルに線を引きました。基本の比率はこれでOK。

最初にぬるま湯と洗濯糊を、よ〜〜く混ぜる。ペットボトルの蓋をして、均一になるまで回すように振る。(泡はあまり立たない方がいいです。)

次に、静かに洗剤を入れて、蓋をしてコロコロと転がしながら均一に混ぜる。(!!!!振ってはダメ!!!!絶対に泡立てないように!!!!)

お好みでちゃんと溶かしたゼラチン、ガムシロップなどを入れるとシャボン玉の膜が丈夫になります。1晩寝かせたら完成〜♪シャボン玉液

この本に載っていた作り方を参考にしました↓

次は、この本を買おうかなと検討中↓

輪っかの作り方はこちら↓

シャボン玉の「輪っか」の作り方