工作 & 手作りおもちゃ作り方&アイディアのつまったサイトです

ピョコピョコもぐら


もうすぐ1歳になる娘のために、ダンボールを使って夜なべ工作しました。名付けて「ピョコピョコもぐら」。どうしてこの名前かというと、たたいてはダメだから。。。。(たたけるほどの強度はありません(* ̄∇ ̄*))ピョコピョコ

こんな感じに動きます↓
ゆっくり押せば、普通にピョコピョコかわいく出ます。強く押すと、飛び出して楽しいです。

ピョコピョコ出るのは、乳酸菌飲料の入れ物を洗って乾かし、中に鈴やらクリップやら入れたもの。弁当用のビニルカップで蓋をしてあります。振るとシャカシャカと音がして、それだけでもオモチャになります。ピョコピョコ

本体の材料はこちら。ほほえみキューブのミルクが入っていたダンボール(解体して裏に着色)、トイレットペーパーの芯4つ、プラスチックフォーク4本。テコの原理でちゃんとピョコピョコと出るように、位置を確認してからカッターで穴を開けました。

IMG_9434

フォークを差し込んで、テープで固定。(これが箱の中に隠れている部分です)IMG_9435

トイレットペーパーも固定。IMG_9436

箱を組み立てて、テスト。青、出ました。IMG_9445

緑、出ました。IMG_9446

赤、出ました!IMG_9447

黄色、出ました!これでOK!IMG_9448

ちなみに、色ぬりに使ったマジックはこれです。しっかり染み込んでいい感じの色合いになりました。ピョコピョコ

参考にした作品はこれです↓