工作 & 手作りおもちゃ作り方&アイディアのつまったサイトです

プラレール回転寿司の作り方[家にある材料でDIY♪]


今話題のプラレール回転ずしを作ってみました!

 

プラレール車両&貨車

かっぱ寿司では、新幹線が注文したお寿司を持ってくるので子どものイメージは新幹線ですが、寿司を乗せる都合上、お皿はコンテナ貨物車両(のコンテナを外して)を使ったので、貨物列車のイメージにしました

プラレールを選ぶ上で気にしたポイントは、

  • 低速/高速が切り替えられる車両(お寿司が落ちるのを防ぐため、今回は低速のみ使用)
  • お皿を乗せる車両はコンテナ貨物車両
  • お皿前後はお皿サイズの都合上通常の車両の高さだと干渉してお寿司落下事故が起こったので、空の貨物車両

上の条件で、


プラレール S-26 EF210 桃太郎と、

プラレール KF-05 30A形コンテナ
になりました。

皿は以前100均で5枚組で購入した小プラスチック皿です。軽い方がいいですが、軽すぎると安定しません。。。。

 

寿司車両の作り方

このように、割り箸をお皿の直径にカットしたものを取り付けて台にしました。

輪ゴムでしっかりと固定しています。SNSなどを見ると、接着剤でくっつけてしまう人もいるみたいです。うちは、まだまだプラレールで遊ぶ予定なので、輪ゴムで一時的なお寿司台にしました。

 

レールの敷き方

ここがお寿司を乗せる場所です。ストップレール(止めるスイッチがあるレール)を設置して、乗せやすいようにしました。

そのまま机の上につなげています。

簡単な回転寿司屋さんの出来上がり〜。

レイアウトで気をつけた点は、

  • 勾配があると、寿司落下事故が起こったのでフラットに。
  • 駅や踏切を使うと、寿司を乗せた車両が干渉して、事故が起こる。(子どもは駅などを置きたがる!)
  • お客さん用の周回レイアウトと、寿司職人が乗せるための裏方部分を分けたつもりのレイアウト

 

寿司工房もあるよ!

買ってきたお寿司を乗せてもいいのですが、今回は自分で作るスタイルにしました!

お寿司屋さんごっこみたいで、子供達は大はしゃぎ(笑)

 

シャリを簡単に作る裏技

これ、100均で以前購入した蓋つきの製氷皿です。ご飯を詰めて、蓋をして上下にフリフリ〜。そうすると、うまいことシャリが出来上がります♪

ちょっと大きめでしたが、、、1つ1つ作ることを考えると時短で簡単です。

 


↓こんな便利な道具もありま〜す。

曙産業 いちどに10貫できる とびだせ! おすし 

↓使い方の説明(商品ページより)

 


 

実際の様子

お寿司屋さんになろう!みたいなノリで、せっせと寿司を作る息子。

レールの上の皿に乗せます。準備ができたら、レバーを倒してプラレール寿司特急スタート!

机に回ってきたお寿司を取るのは、とっても楽しいです♪

注意:プラレールは、低速で走らせてください!

 

↓動画で見ると、こんな感じ。机の上を回るお寿司編

↓机の上を回って寿司工房に帰ってくる寿司ネタ編

 

 

感想

大人も子供も、とても楽しめました。寿司工房に入る順番で喧嘩したり、後片付けが普通の手巻き寿司よりも大変だったけど、子供達がいつもよりも多くのお寿司を食べてくれたので良かったです!!

かっぱ寿司とかに行くよりも、割安だったのもお財布に嬉しい♪

じいじ&ばあばとやる時は、お寿司を買ってきてもらおうかな〜と考えています。(子供達の握るスピードがゆっくりなので(^◇^;))

 

参考リンク

こんな商品もあるのですね!プレゼントすると盛り上がりそうです(笑)

電車がおすしを乗せて走る!回転寿司トレイン 4両編成電動列車レール全長158cm 受け皿6枚付き

 

回転寿司トレイン イエロー

 

ハック(Hac) 回転寿司 匠 ブラック W31×D21.5×H12.5cm 電池式

 

曙産業 いちどに10貫できる とびだせ! おすし

プラレールを持っていなかったら、これを機に買っちゃってもいいかも