工作 & 手作りおもちゃ作り方&アイディアのつまったサイトです

余ったマスキングテープの活用術☆お花の作り方


余ったマステの使い道です。マステと爪楊枝だけで、簡単にかわいいお花を作ることができます。子供と一緒に工作すれば、ちょっとしたプレゼントのアクセントや、母の日・敬老の日などに活用できそうです。

横から見たところ

真上から見たところ

マスキングテープのお花:材料

材料は、マステと爪楊枝、そして緑の油性ペンだけです。

 

マスキングテープのお花:作り方

  1. 爪楊枝を緑色に塗る。
  2. この部分が、茎になります。
  3. 花びらを作ります。このくらいの長さに切って、、、
  4. 粘着部分を少し残して貼り合わせます。
  5. 爪楊枝の先っぽにくっつけます。
  6. 端っこを切り落とします。ここが、花びらの丸みになります。
  7. キュッとつまむように、爪楊枝にくっつけます。
  8. 花びらの形を整えます。
  9. 少しずつずらしながら同じ行程を繰り返すと、お花の形になります。
  10. 次は、葉っぱ部分を作ります。マステを切って、粘着部分を少し残して貼り合わせます。
  11. 両面を緑で塗ります。
  12. 爪楊枝につけて、、、、
  13. 少し鋭い感じに両はしを切ります。
  14. 爪楊枝に巻きつけるようにくっつけて、形を整えると葉っぱの出来上がりです。
  15. 土台には、ミニ紙コップを使いました。あらかじめ押しピンなどで穴を開けておくと、差し込みやすいです。
  16. 出来上がり〜〜。
  17. 横から見たところです。葉っぱは、緑のマステで作ってもいいですね。

 

まとめ

リボンやロゼッタよりも簡単に作れるので、保育園や幼稚園の工作遊びにも使えそうです。色バリエーションを揃えれば、マスキングテープのお花畑ができますね〜。

↓こちらの花は、折り紙と組み合わせて作ったものです。

折り紙1枚とマステで作るお花

 

ご訪問、ありがとうございました(^^)/