工作 & 手作りおもちゃ作り方&アイディアのつまったサイトです

ノージーの工作研究所 じしゃく[2020.8.15]


今週のノージーのひらめき工房「ノージーの工作研究所:磁石」([2020.6.24]の再放送)です。

放送時間(Eテレ(教育))

8/15(土) 7:30〜7:45
8/19(水) 15:45〜16:00(再)

8/19(水) 17:40~17:45  (5分版ミニ番組:「のみものを作ろう!」の一部を放送予定↓)

のみものをつくろう![2019.12.7]

 

 

↓以前放送された「磁石で遊ぼう!」も面白かったですね♪

じしゃくであそぼう![2020.6.24]

 

ちょうちょ2匹の舞い

女の子シナプーが作ったのは、磁石で動く蝶々です。

裏表で羽の色が違います。

磁石を縦に持って2匹を動かすこともできます。

縦に持った磁石だと、チョウチョがクルクルと回るので楽しそうです。

 

 

穴に落ちないように挑戦!磁石の迷路

男の子シナプーが作った工作は、穴に落ちないように進んでいく磁石の迷路です。

机に置いて使います。

赤いカエルの磁石の反発する力を使い、緑のカエルを触らずに動かしていきます。

道の上を慎重に進んで、、、、

おおっと!穴に落ちないようにゴールできるかな〜。

 

 

磁石の力で飛ぶロケット

ノージーが作ったのは、ロケットです。

ロケットの発射台にセットして、、、

手で飛ばないように押さえています。

手を離すと、勢いよく飛び出します!

仕組み&作り方:机の上に磁石を貼っておきます。

トイレットペーパーの芯を縦に切り、磁石の大きさに合わせて巻いてテープで留めます。

この細長いのが、ロケットの本体になります。発射台には、トイレットペーパーの芯を輪切りにしたものを使っていますね。

↓ペットボトルで同じようなロケットを作ることもできます(^^)

ペットボトルのロケット発射台

 

 

 

磁石ロボット:マグネティックロボ

手と足が自由に動かせる、紙コップとトイレットペーパーの芯を使った工作です。

家にある材料で、簡単に作れそうですね!

 

 

ピョコピョコもぐら

ロケットと同じ原理を使っています。

手で押し込んで離すと、、、、

ピョコッと飛び出します。可愛い〜。幼児さんだけじゃなく、乳児さんにも喜ばれそうなおもちゃですね!

 

↓これも、ピョコピョコの動きをするオモチャです。

ピョコピョコもぐら