handmade & craft ideas

生クリームから手作りバターの作り方と原理☆失敗しないためのコツ[簡単実験&自由研究]

生クリームとペットボトルがあればできる、簡単な料理実験です。
低学年の小学生の息子&娘と一緒に作って、1時間ほどかかりました。

作りたてのフレッシュバターは最高!
日持ちはしませんが、この方法だと添加物なしの風味を楽しめます。

材料メモ:

  • 生クリーム(乳脂肪分45%以上の高脂肪なもの)
  • 塩(お好みで)
  • 薄い素材のペットボトル&ハサミ

↓今回は、これを使用。

※必ず「種類別クリーム」のものを使用。「乳又は乳製品を主要原料とする食品」や「植物性脂肪」のものではバターがうまく固まりません!

作り方とコツ:

  1. 購入した生クリームをよ〜〜〜く冷やしておく
  2. ペットボトルに生クリーム(有塩を作る場合は少量の塩も)を入れる。
  3. しっかり振る。手の体温で温まってしまったら、その都度冷凍庫で少し冷やしたり、氷水につけるなどして低温をキープ
  4. 泡立ってくると、ホイップ状態になってシャカシャカという音がしなくなる。それでも、続けて振り続けると、、、途中で「パシャっ」と油が分離して離れる音が!!
  5. さらに油が集まって固まるまで振り続ける。けっこう疲れますが根気よく!
  6. 蓋を開けて、水分だけを別容器に取る(バターミルクです。栄養たっぷりなので、捨てずにパンケーキなどに利用♪)
  7. ペットボトルを切り開くと、こんな感じにバターのできあがり〜。
  8. こんがりトーストしたパンに塗ったり、、、
  9. マフィン作りに使ったり〜♪夢が広がるフレッシュバターです。

↓このマフィンカップの折り方

折り紙1枚で簡単☆8角形の箱の作り方[マフィンカップの代用もできる!]

 

生クリームがバターになる☆簡単な原理の説明

泡立てる前の生クリームは、水分の中に膜に包まれた脂肪が均一に浮いている(分散している)状態。

そこに振って振動を加えると、脂肪を包んでいた膜が壊れて、脂肪が水分中に出てくる。

出てきた脂肪どうしが集まって互いにくっつき合い、大きな塊となる。これがバター。

※生クリームは真っ白なのに、できたバターは黄色っぽいのもおもしろいですね。これは、脂肪が集まることによって、脂肪に含まれているビタミンAのカロテンの色が目立つようになったためです。

 


↓栄養分については、こちらに詳しく書いてありました。
バターの栄養成分について(meijiの食育)


↓バターの作り方は、この本に詳しく載っています
小学生のクッキングで自由研究―楽しい!おいしい! 料理しながらかんたん実験!