工作 & 手作りおもちゃ作り方&アイディアのつまったサイトです

自由研究55「そのモヤモヤ 実験で白黒つけよう!スペシャル」[2020.7.25]


「0655」「2355」の特別版「自由研究55」

7/27(月) 19:25~19:50 

今回は、心に引っかかったその疑問を、解決します。

題して、「そのモヤモヤ 実験で白黒つけよう!スペシャル」。

  • 凍ったドリンクの溶けはじめは、本当に濃いのか?
  • 珪藻土の水は、一体どこに行くのか?
  • お風呂の水が抜けるのは、だんだん遅くなるのか?

 

凍らせたドリンクの溶け始めは甘い?

実験方法:本当に溶け始めの方が甘いのかを確かめるために、凍らせたドリンクの溶け始め〜溶け終わりまでのドリンクを採取します。

実験器具:適当な高さに揃えた台に、パスタ計量器具をセットします。

名付けて、「溶けたドリンクちょっとずつためるマシン」

実験結果

予想通り、凍らせたドリンクの溶け始めは、本当に味が濃かった。

どうしてそうなるのか?

もしかして、砂糖水の氷の方が、早く溶けるのかもしれない。(仮説)

追加実験:砂糖水の氷と、普通の氷を作り、溶ける早さの違いを調べる。

スタート!

お!やはり砂糖水の氷の方が、早く溶けました。

研究のまとめ:

モヤモヤ:凍らせたドリンクの溶け始めは、味が濃い気がする

実験:溶けたドリンクを同じ量ずつ採取して比べる

結果を受けて、砂糖の溶けている水の方が早く溶けるのではないかという仮説を立てました。

そして、さらに追加の実験。

↓砂糖が入っている氷の方が、早く溶けるということがわかりました。

 

珪藻土の水は一体どこに行くのか?

お風呂場などにある珪藻土(けいそうど)のバスマット。

濡らしてもすぐにサラサラの表面になります。水はどこに行ったのでしょうか?

実験方法:水は中にあるのか、それともすぐに乾いたのかを確かめるためには、重さを計ってみるといいと気がつきました。

予想:もし、水が珪藻土の中に含まれているのなら、その分重くなるはずです。

実験:バスマットは大きすぎるので、珪藻土のコースターで実験をします。

そのままで重さを計ると、81gでした。

5gの水を染み込ませて、表面がサラサラになってから重さを計ります。

すると、重さが86g(水の分5gが増えた)になりました。

結果:珪藻土の水は、中にたまっていた!

では、どのくらいまで水をためることができるのでしょうか?

もう染み込まなくなるまで水をかけます。

重さを計ると、元の重さよりも27gも増えていました。

珪藻土のバスマットはコースターの面積の約35倍なので、、、

なんと945gほどの水を含むことができる計算になります。

すごい量の水を、吸い込むことができるのですね!

実験のまとめ:

モヤモヤ:珪藻土の水はどこに行くのか?

仮説:中に含まれているのではないか?

実験方法:水を含ませて重さを計ってみる。

このように仮説から実験を考えるのも、自由研究です。

仮説とは、ある疑問に答える仮の説明のことです。これを検証するための方法を考えるのです。

 

お風呂の水が抜けるのはだんだん遅くなる?

そういえば、ペットボトルの実験でも、残りが少ない方が勢いが弱かった。

ということは、お風呂の残り水が少ない方が出て行く量は少ない?

実験方法:物差しを立てて、、、

一定時間ごとに減りを記録する。

予想:このようなグラフになるのではないか?

実験装置:発泡スチロールをカッターで切って、水面の高さが分かりやすい装置を作る。

ポイントは、物差しよりも少し広めに穴を開けること。

実験開始!

グラフにしてみると、、、

あれ?

結果:水の減り方は一定です。

予想が外れましたね。

水の出る量は、残り湯の量に関係なく一定でした。

段差があっても、ずっと一定です。

まとめ:

モヤモヤ:お風呂の水が抜けるの、だんだん遅くなる?

実験方法:一定時間ごとに水の高さを記録してグラフにする。

どうやら、排水のシステムに、秘密がありそうですね。

 

<ここまでのまとめ>

モヤモヤから実験をして、自由研究にする方法でした。


 

再現工作

コンビニのおにぎりのフィルムを再現!

よ〜く観察して作りましょう!

内側はこのようになっています。

外側は、このようになっています。

テープの部分は、このようになっています。

内側は、よくみると、真ん中で切れているのですね。

外側は、テープを引っ張って、初めて真ん中で切れます。

同じような仕組みを作ります。

紙にテープを貼ります。

ノリの代わりに黒い紙を置いて、、、、

内側に置く紙は、半分に切っておきます。

端っこをくっつけておきます。

おにぎり(紙で作った)を包んで、番号を書きます。

ピ〜っとテープを引っ張って、、、、

端っこを引っ張ると、、、

じゃじゃ〜ん。

コンビニおにぎりと同じ仕組みの包みができました!!!

納豆巻きとかも、作れそうですね。

 

 

 

仮説兄弟

学校の蛇口の中が星型なのはなぜ?

水を出してみるとわかります。

星なしだと、水がまっすぐ出てきません。

 

素晴らしきかな世界

ミズグモは、水中に空気のある場所を作り、その空気の部屋で餌を食べたり、卵を産んだり、子育てをしたりします。

銀色に光って綺麗ですね。

 

ウォーターアノールの額に注目。

膨らんでいますね〜。不思議です。

 


↓過去の自由研究関係の記事まとめ

Eテレの自由研究55スペシャルまとめ[2019.7.20]

 

自由研究55「気になってること検証せよ!スペシャル」[2020.3.6]

 

1日でできる!長期休みにオススメの簡単な自由研究10選

 

手作り親指ピアノ(カリンバ):ヘアピンを使った作り方

 

スクラッチアートのやり方&専用ペンを自作する方法

 

コーナー:仮説小学生、素晴らしき哉世界、再現工作

声の出演:ロッチ、松田利仁亜 ほか